記事一覧

「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンがコスメブランドをローンチ

アップロードファイル 15-1.jpg

ネットフリックスブランドパロディのオリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界(STRANGER THINGS)」で主演女優を務めるミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown以下、ミリー)が、自身のコスメブランド「フローレンス バイ ミルズ(FLORENCE BY MILLS)」を立ち上げる。発売時期はまだ明らかにされていない。

同ブランドは、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)のオーラルケアブランド「ムーン(MOON)」、女優のシェイ・ミッチェル(Shay Mitchell)のトラベルバッグブランド「ベイス(BEIS)」など、モデルや女優、インフルエンサーのプライベートブランドを手掛けるビーチ ハウス グループ(BEACH HOUSE GROUP)と共同で立ち上げた。これまでミリーはさまざまなブランドとコラボレーションしてきたが、ブランドを立ち上げるのは今回が初。Z世代(1997年〜2000年代生まれ)をメインターゲットに、ウルタ(ULTA)やブーツ(BOOTS)、オンラインサイトなどで取り扱う。業界筋によると、初年度の売り上げは100億ドル(約106億円)を見込むという。

「フローレンス バイ ミルズ」は、「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals)認定を受けており、全製品ビーガンおよびクルエルティフリー(動物実験をしていない)の処方だ。ミリーのお気に入りだというジェルアイマスクやフェイスミストなどのスキンケア製品のほか、ファンデーションなどのメイクアップ製品をラインアップする。価格は10~34ドル(約1060~3604円)。売り上げの一部は、ミリーの友人の、白血病で死去したオリヴィア ホープ ロルッソ(Olivia Hope LoRusso)のために設立したオリヴィア・ホープ基金に寄付される。また、ブランド名は祖母のフローレンス(Florence)と自身のニックネームのミルズ(Mills)を合わせたという。

ミリーは「私は10~11歳くらいからさまざまなコスメを試してきたけど、どんな製品を使っても肌に異常が出たの。自分が使いたいと思うコスメは見つかりっこないって思う。だって若年層向けの市場と私にはギャップがあったから。だから同世代の子たちの肌に合うコスメを作ったの」と述べた

ショーン・ネフ(Shaun Neff)=ビーチ ハウス グループ共同オーナーは「ミリーは世界中の誰よりもZ世代に影響力がある。15歳の彼女と共にZ世代に向けたコスメとスキンケアブランドを作るまたとない機会だと思う」と語る。

OLD NAVYのポップアップストアが首都圏を駆け巡る

アップロードファイル 10-1.jpg

カリフォルニア初のカジュアルファッションブランド、OLD NAVYがスプリングキャンペーン『OLD NAVY on the Road』を期間限定開催中! 渋谷を中心とするファッションエリアにポップアップストア&サンプリングボックスが登場。

海外ムービーでお馴染みのキャンピングトレーラー、“エアストリーム車”に春ファッションを乗せた、OLD NAVYのポップアップストア。六本木、渋谷、青山の注目ファッションスポットで、都市にいながらカリフォルニアにいるような気分に浸れる♪ 車内では、様々なアイテムをショッピング可能。

そして横浜、渋谷、東京タワーの3カ所では、サンプリングキャンペーンを実施中。オリジナルトートバッグが詰め込まれたスケルトンボックスの前で、OLD NAVYのSNSフォロー画面を見せると、無料でゲットできる♪

誰でも服をデザイン&生産できるアプリ プロ向けの3DCAD会社が開発

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpg

アパレルの3DCADソフトの製作などを手がけるクチュールデジタル(大阪、森田修史・社長)は、アパレルの3DCADのスマホアプリ「クチュール(COUTURE)」を6月30日にリリースする。同アプリは100種類以上の柄を選択でき、柄の大きさや置く場所なども簡単かつ自在に変えられ、そのまま発注することも可能だ。発送までは3週間で、これまで企画から生産、販売まで半年以上かかっていたファッションビジネスのプロセスを大きく変えることになる。クチュールデジタルの森田社長は「これまでプロユーザーのファッションブランドや大手自動車メーカーに3DのCADを開発してきた。最先端のCADテクノロジーを使うことで、プロのデザイナーだけでなく、一般の消費者が自ら服を作るD2I(Direct to Individual)の時代が到来する。このアプリを使えば、自在に自分の服をデザインすることが可能だ」という。
リリースの特別プロジェクトの一環として、タレントやモデルに加え、ファッションデザイナーとしても活動するマリエのブランド「パスカル マリエ デマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS以下、PMD)」とコラボレーションした。記者会見もマリエが拠点にしているという、FAB施設の「アンドメイド(ANDMADE)」で行った。アプリ内には、PMDのコレクションの中で超長綿を使った高品質なカットソーをカスタマイズできるコーナーも用意した。マリエは「ファッションデザイナーとして活動する上で、服だけでなく、デザインから生産、販売、さらには販売したあとのリサイクルまで、全プロセスをデザインすることを掲げてきた。『クチュール』は、そうした活動の一環になる」と語る。
「クチュール」には100種類以上のテキスタイルの柄や数種類の素材を用意。スカートが5500円から、ワンピースが7500円から、柄のカスタマイズ費用として500円、2000円のコースから選択。デザインしたものをそのままカートに入れれば発注するECサイトにつながる仕様。注文から発送までは3週間になる。
クチュールデジタルは、東洋紡出身の森田社長が創業したデジタルファッションがルーツで、これまで大手アパレルや自動車メーカー向けに高性能の3DCADのソフトウエアを開発してきた。森田社長は「まずは柄のデザインだけだが、いずれはパターンやサイズなども変えられ、バーチャルフィッティング機能なども搭載する」という。

カール・ラガーフェルドのポップアップショップでちっちゃなカール時計を見つけよう

アップロードファイル 7-1.jpg

今年2月の登場以来、話題騒然となったKARL LAGERFELDのウォッチコレクションが2013年秋冬モデルを発表! これに合わせ、東急プラザ 表参道原宿3階の“OMOHARA STATION”に最新作を引っ提げたポップアップショップがオープン。8月24日から9月13日の3週間、本コレクションがどこよりも早く手に入る場所は日本でココだけなんです!

泣く子も黙る世界的デザイナーのカール・ラガーフェルドが自身の名前を掲げ誕生した“KARL LAGERFELD”は、エッジが効きつつシックに仕上げられたハイエンドなウォッチ達が魅力。機能性にも優れ、ユニセックスで装着可能なデザインはボーイフレンドへのギフトにもピッタリ。さてさて今回注目したいのが、ポップカルチャーブランドtokidoki(トキドキ)とのコラボによるスーパーキュートなカールのフィギュア時計♡ ゲームキャラクターのようにデフォルメされたちっちゃなカールが、液晶板になっているサングラス部分から時間を知らせてくれるの! モード界の帝王とも呼べるカールに思わず親近感が湧くこのアイテムは、全世界数量限定のレアな一品☆

おちゃめ要素も加わって(!?)ますますパワーアップしたKARL LAGERFELDコレクション。独創的なカールのヴィジョンを覗くことができるポップアップショップへ足を運んで、クールなウォッチを手に入れて!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ